トップ / 障害者施設で働くなら介護福祉士

身体障害者施設の介護求人

障害者施設で働くなら介護福祉士

障害者施設で介護施設

「障害者施設で働きたい」と思ったとき、有利になるのは資格の存在です。福祉系の資格は数あれど、中でも「介護福祉士」は介護の上級資格として認められている国家資格です。保有していると、通常の給与のほか別途に手当を受け取れる場合があります。

信頼性の高さは、あらゆる福祉系の資格の中でもトップクラスと言えるでしょう。一度取得できれば、その後の就職や転職でもおおいに役立ちます。では、介護福祉士の国家資格はどのように取得すればいいのでしょうか?資格取得の際には、実務研修と筆記試験をクリアしなければなりません。

数年以上の実務経験があれば研修をクリアできるため、実際に働きながら資格取得を目指す人もいます。スムーズな資格取得のためには、いくつかのルートがあるので自分に合ったルートを選びましょう。

まず「福祉系高校を卒業する」というルートは、福祉系の高校で研修や講習を修了します。卒業してすぐに理想の職業に就くことができ、進路の決定している人に有効なルートです。すでに高校を卒業済みの人は、「養成校へ通う」というルートを活用しましょう。養成校では、介護福祉士に必要なスキルと知識をいつでも学ぶことができます。卒業時に暫定国家資格を取得でき、その後「5年以内に試験合格」か「5年以上の実務経験」のどちらかを選びます。

これにより、晴れて介護福祉士の資格が取得できます。「実務経験を積む」というルートは、初任者研修を受けるところからスタートします。その後3年以上の実務経験を積み、実務者研修を受けた上で国家資格取得に臨みます。実務経験ルートは、今すぐ現場に立ちたいという人におすすめです。一方、働きながら国家試験の勉強をしなければならないので、覚悟も必要。その分、将来的に求められる高いスキルと知識を身につけられます。金銭面の問題や現状との兼ね合いから、もっとも適切なルートを選んでください。