トップ

身体障害者施設の介護求人

障害者施設での介護の仕事

障害者施設で介護をする

世の中に溢れる職業から、自分に合っていて、かついつの時代も求められる仕事を見つけ出したいと思いませんか?例えば介護の仕事は、少子高齢化社会で必ずや求められこれからますます需要を高める仕事です。いますぐ介護求人を検索するならこちらを参考にしてみてください。

さらに介護の仕事は、お年寄りだけを相手にした職業ではありません。障害者施設においても求められる、貴重な人材なのです。障害者施設とひとことに言ってもその種類は多岐に渡り、求人の幅は非常に豊富。具体的には「知的障害者更生施設」「知的障害者授産施設」「身体障害者更生施設」「生活施設」「作業施設」などの種類があります。相手がお年寄りの方でも、障害のある方でも「入居者の身体介護をする」という点は変わりません。

障害者施設の職員は、入居者の生活援助や機能訓練などを行います。具体的な仕事内容は、食事のお手伝い、入浴のサポート、衣服の着脱、排泄の援助など。身体の重度障害のある方なら、寝返りを助けてあげたり、車いすに乗せて移動したりという援助も必要です。もう少し軽度の方であれば、現在の状態を少しでも長く続けるためのリハビリテーションなど、機能訓練を行います。

障害者施設では、障害の進行状況は人それぞれです。食事の手助けが必要な人、排泄の手助けが必要な人など、一人ひとりに合ったケアが必要になります。それぞれとコミュニケーションをとる中で、相手が求めていること、自分がすべきことを見極めましょう。

さらに、年齢もバラバラです。お年を召した方がいれば、まだまだ若い人もいるでしょう。障害者施設の職員は、どんな人へも「今できないことを手助けする」ことが求められます。そして同時に「今できることを続けられるよう訓練する」ことも大切。相手への思いやりを持ち、よりよい生活のためにできることを考えていきます。